FXとの違いを知ってみよう

今回はバイナリーオプションと比較していた「FX」について説明したいと思います。

FXとは外国為替証拠金取引(margin Foreign eXchange trading)の略称…と言ってもちんぷんかんぷんですよね。
外国通貨(例えばドル)を売買して利益を得る取引方法と言えばわかりますか?

最近はインターネットの普及からFXを利用している人はとても多いです。
もはやインターネットでの投資取引は主流になっていると言っても過言ではありません。
株よりも少ない資金で、更には気軽にできることが人気の要因だと思いますよ。

では具体的にFXの仕組みを紹介します。
例えば、両替所で円をドルに替えるとします。
その時点で為替レートが「1ドル=100円」だとすれば「100ドル」手元にきます。
しかし数日経ってから為替レートが「1ドル=110円」に変動しました。
あれ??これ手元の100ドルを日本円に戻すと…なんと1万1千円になります!

つまりこの1000円がFXの利益というわけです。

ドルに変えて日本円に戻すタイミングを見計らって売る。
この取引で利益をあげるのがFXの基本取引になります。
これは只の運任せではなく、為替の動向をチェックしておけば予め為替レートの変動は読めるようになります。
株やFXをやる人はやけに社会情勢を知っていたり、時事ネタに詳しかったしませんか?
それは社会情勢に詳しい人ほど利益を出しやすいからです。

そして株同様、ハイリスク・ハイリターンだということも特徴でしょうか。
株よりも資金が少なく、手軽にできることはメリットですが、リスクが大きいことを忘れてしまうほどの気軽さなのは否めません。
気軽にやってはみたもののけっこうな損失をくらってしまったという人もいるはずです。

FXに興味があるという方は小額で仕組みを知ってから参加した方が良いと思います。

copyright(C)今日から個人投資家〜バイナリーオプション〜